野球と腰痛【名古屋-接骨院-スポーツ障害】

名古屋-接骨院-腰痛-野球-スポーツ障害

こんにちは。

池田接骨院院長の小川敦史です。

今日は野球と腰痛について

お話をしていきます。

野球のケガと言えば…

野球で良く聞くケガと言えば、

「野球肩」や「野球肘」が

有名ですね。

でも意外に野球をしている人で、

腰痛に悩んでいる人は多いようです。

野球肩とは?

投球動作によって肩に負担がかかり、

様々な症状をだします。

その総称を野球肩と言います。

野球肩の中には、

「インピンジメント症候群」

「棘上筋炎」

「上腕二頭筋炎」などがあります。

肩の使い過ぎ(オーバーユース)に

より起こります。

野球肘とは?

野球肘もオーバーユースによる障害です。

内側型と外側型があり、

外側型はテニス肘とも呼ばれます。

野球肩も野球肘も症状が強く、

場合によっては、手術をしなくては

いけなくなることもあります。

野球選手の腰痛

前述したように、腰痛に悩む

野球選手はたくさんいます。

なぜ野球をすることで腰痛に

なるのかを考えていきます。

成長段階による腰の痛み

中学生くらいまでは、

身体が成長段階にあり、

背骨自体もしっかりしていないため、

背骨の負担が腰椎分離症を

起こしたりします。

その症状をひきづったまま、

学年が上がっていくと、

更に練習内容もハードになり、

腰にかかる負担も大きくなります。

姿勢による負担

野球は中腰の構えがおおく、

そこから素早く身体を捻る動作が

腰の筋肉や関節に負担をかけます。

守備練習の際、中腰の姿勢を

維持したまま左右に飛んでくる

ボールを捕球しにいきます。

走塁の際も中腰の姿勢からの

動きも腰に負担をかけていきます。

とうぜん野球は

「投げる、打つ、走る」競技なので

腰を捻る動作が基本になります。

腰を捻る動作は、大きな負担になっていきます。

名古屋-接骨院-腰痛-野球-回旋

実は腰は回らない

名古屋-接骨院-腰痛-野球-腰椎-回旋

皆さんは「腰を捻る」と言うと

「腰椎を捻る」と思っていませんか?

実は腰椎が捻ることの出来る角度は

ほとんどなく、

野球の場合、腰椎の捻りではなく、

骨盤の捻りが主になります。

名古屋-接骨院-腰痛-腰椎-角度

ちなみに骨盤を固定した状態で、

身体を捻ると大きく動くのは

胸椎になります。

名古屋-接骨院-腰痛-胸椎-角度

「腰を回す」=「腰椎を回す」

イメージをしてしまうと、

腰椎に大きな負担がかかり、

腰椎分離症などの

リスクが高くなります。

腰椎分離症

坐骨神経痛と腰椎分離症【名古屋-接骨院-坐骨神経痛】

腰椎分離症は腰椎の後方部分の

疲労骨折です。

腰を回したり、反らしたり

することにより発生します。

腰椎分離症は初期であれば、

治ることも期待できますが、

腰椎分離症に気付かず、

そのまま放置してしまうと、

いつまでも腰痛の原因となります。

投球の際、腰を反らしたり、

骨盤を意識した身体の捻りを

気を付けることにより

腰椎分離症の発生のリスクを

下げていきます。

名古屋-接骨院-野球-野茂英雄

(安易にこのようなフォームを

真似してはいけません)

何はともあれケアが大事

どうしても練習で疲れてしまい、

練習後のストレッチなどのケアが

おろそかにっていませんか?

ストレッチは気を抜いて行うより、

「どこの筋肉を緩めているか」を

しっかり意識しながら行うことで、

より高い効果が期待できます。

練習と同じくらい大事と思い、

行うようにしてください。

まとめ

練習を休むとどんどん

引き離されてしまう恐怖心から

言え出せずにいることもあります。

痛みを我慢して練習を続けると、

症状はさらに悪化していきます。

とうぜん状態が悪くなるほど

治るのにも時間はかかってしまいます。

ケガをしないこと

ケガをしたら練習を休むこと

早期に治療を開始すること

を心掛け、

楽しく、一生懸命、野球に

取り組んでください。

名古屋-接骨院-腰痛-野球 名古屋接骨院-坐骨神経痛名古屋接骨院-椎間板ヘルニア名古屋市‐腰痛名古屋接骨院-脊柱管狭窄症

池田接骨院のご案内

院名 池田接骨院
院長 小川敦史
診療項目 腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など
所在地 愛知県名古屋市西区則武新町1-1-10
電話番号 052-562-5268
最寄り駅 名古屋駅
連絡方法 お問い合わせフォーム
駐車場 2台完備
営業時間 AM9:00~PM8:00 ※完全予約制なので昼休みは設けていません
休診日 日曜日、土曜日午後 ※祝日は終日診療
URL http://池田接骨院.xyz

名古屋駅からのアクセス

※名古屋駅からでしたら、車で5分ほどです。歩いて15分ほどになります。

1.ルーセントタワーに向かう

名古屋駅から大名古屋ビルジングを右手にみて、ルーセントタワーに向かって進みます。

名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ

2.牛島町の交差点を右折

次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

名古屋接骨院-おすすめ 次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

3.輪ノ内町の交差点を直進

一つ目の信号(輪ノ内町)を越えると、左手に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ

4.ノリタケの森を越える

そのまま直進してください 左側に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ 

次の信号(西藪下)も直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

右手に公園(桜木公園)があります。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

5.左側に当院が見えてきます

右手にサークルKが見えます。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

そのまま100mほど、まっすぐ進むと左手に当院があります。

名古屋接骨院-おすすめ

Googleマップ

名古屋市‐接骨院

名古屋接骨院

※ご予約多数のため1日2名様限定の紹介割引です。もし、今すぐ症状を改善できる施術をご希望でしたらお早めにお問い合わせください。優先的にご予約をお取りできるように調整いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA