ふくらはぎと腰痛【名古屋-接骨院-腰痛】

名古屋-接骨院-腰痛-下腿三頭筋

こんにちは。

池田接骨院院長の小川敦史です。

今日はふくらはぎと腰痛の関係について

お話しをしていきます。

ふくらはぎの筋肉の解剖

解剖学的には「下腿三頭筋

(かたい-さんとうきん)」と呼ばれます。

「三頭筋」と言うのは、

筋腹(きんぷく)は一つ(に見える)だが、

頭の部分は3個ある筋肉のことです。

表面に近い筋肉を、

「腓腹筋(ひふく-きん)」

名古屋-接骨院-腰痛-腓腹筋

腓腹筋より深い場所にある、

「ヒラメ筋」と合わせて、

名古屋-接骨院-腰痛-ヒラメ筋

下腿三頭筋と呼びます。

ヒラメ筋は大部分を

腓腹筋に覆われています。

名古屋-接骨院-腰痛-下腿三頭筋

「2個しかないじゃない?」

と思われるかもしれませんが、

腓腹筋には2個の頭があります。(内側頭と外側頭)

下腿三頭筋はとても大事な筋肉で、

基本的には、かかとを上げる動作を行う、

という点では同じですが、

腓腹筋とヒラメ筋はその役割が、

全く違うものになっています。

下腿三頭筋の特徴

「速筋(そっきん)」「遅筋(ちきん)」

という言葉をご存知でしょうか?

速筋とは、瞬発力に優れた筋肉のことです。

魚でいうと「白身の魚」になります。

鯛やヒラメが代表的な魚です。

このような魚は同じ場所に住み、

あまり移動しません。

その為、持久力は必要なく、

餌を取る瞬発力に優れています。

遅筋は、持久力に優れた筋肉のことです。

魚で言うと「赤身の魚」になります。

マグロやカツオが代表的な魚です。

回遊魚のため長い時間泳ぐことに優れていますが、

瞬発力はあまりありません。

※「速筋」「遅筋」と言っても、

全て「速筋線維」や「遅筋線維」ではなく、

その割合の高さで「速筋」と「遅筋」に分けられます。

下腿三頭筋も同じように、分けることができます。

「腓腹筋」は「速筋」

「ヒラメ筋」は「遅筋」になります。

ですので、腓腹筋はダッシュなどのような瞬発力に

優れていますが、持久力は苦手になります。

力が強いぶん、肉離れを起こしやすい

筋肉にもなります。

一方ヒラメ筋は人の身体の筋肉で、

「1番遅筋の割合」が高い筋肉になります。

歩いている時はもちろん働いていますが、

立っている時に、身体が前に倒れないよう

姿勢を維持しているのも、

ヒラメ筋の役割になります。

「筋ポンプ作用」

下腿三頭筋には「筋ポンプ作用」もあります。

心臓から出た血液は全身を巡りますが、

足まで行った血液はまた心臓まで、

戻らなければなりません。

しかし重力が働いているため、

血圧の力だけでは戻りにくくなっています。

そこで、歩いたりして下腿三頭筋を使うことにより、

その筋肉の動きがポンプの役割をして、

心臓に血液を送り返します。

夕方になると足が浮腫(むく)む人は、

下腿三頭筋を使っていない(歩いていない)

ということですね。

下腿三頭筋と腰痛

最近では下腿三頭筋が弱くなっている人が、

多くなってきています。

特にヒラメ筋が弱くなることにより、

立っているときに、フラフラするようになります。

バランスが悪くなれば、それを補正しようと、

余計な筋肉が働き、更に正常な位置から

身体はズレてしまいます。

身体のズレは腰痛を引き起こしていきます。

そして血流のポンプの働きもしていますので、

その作用が弱くなれば、

全身の血流も悪くなってしまいます。

そうなると老廃物をうまく流すことが、

出来なくなり、疲れが取れにくくなります。

まとめ

ヒラメ筋は遅筋線維の割合が大きな筋肉です。

このような筋肉の特徴として、

一度、弱くなってしまうと、

なかなか鍛えるのが難しい

ということがあります。

普段から車や電車の利用を控え

なるべくたくさん歩くようにする。

エスカレーターは乗らず階段を使う。

など、ヒラメ筋が衰えないように、

気を付けてくださいね。

そしてお風呂上がりのストレッチも忘れずに!

名古屋接骨院-坐骨神経痛名古屋接骨院-椎間板ヘルニア名古屋市‐腰痛名古屋接骨院-脊柱管狭窄症

池田接骨院のご案内

院名 池田接骨院
院長 小川敦史
診療項目 腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など
所在地 愛知県名古屋市西区則武新町1-1-10
電話番号 052-562-5268
最寄り駅 名古屋駅
連絡方法 お問い合わせフォーム
駐車場 2台完備
営業時間 AM9:00~PM8:00 ※完全予約制なので昼休みは設けていません
休診日 日曜日、土曜日午後 ※祝日は終日診療
URL http://池田接骨院.xyz

名古屋駅からのアクセス

※名古屋駅からでしたら、車で5分ほどです。歩いて15分ほどになります。

1.ルーセントタワーに向かう

名古屋駅から大名古屋ビルジングを右手にみて、ルーセントタワーに向かって進みます。

名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ

2.牛島町の交差点を右折

次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

名古屋接骨院-おすすめ 次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

3.輪ノ内町の交差点を直進

一つ目の信号(輪ノ内町)を越えると、左手に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ

4.ノリタケの森を越える

そのまま直進してください 左側に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ 

次の信号(西藪下)も直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

右手に公園(桜木公園)があります。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

5.左側に当院が見えてきます

右手にサークルKが見えます。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

そのまま100mほど、まっすぐ進むと左手に当院があります。

名古屋接骨院-おすすめ

Googleマップ

名古屋市‐接骨院

名古屋接骨院

※ご予約多数のため1日2名様限定の紹介割引です。もし、今すぐ症状を改善できる施術をご希望でしたらお早めにお問い合わせください。優先的にご予約をお取りできるように調整いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA