便秘と腰痛【名古屋-接骨院-腰痛】

名古屋-接骨院-腰痛-便秘

こんにちは。

池田接骨院院長の小川敦史です。

今日は、便秘と腰痛の関係について、

お話をしていきます。

便秘とは

便秘とは排便回数の減少や、

便通異常がある状態を指します。

「○日、出ていないから便秘」

という明確な定義はありません。

日本内科学会では

3日以上排便がない状態

または、毎日排便があっても

残便感がある状態

日本消化器学会では

排便が数日に1回程度に減少し、

排便感覚が不規則で便の水分含有量が

低下している状態を指しますが、

明確な定義があるわけではありません。

問題となるのは排便困難や腹部膨満感などの

症状を伴う便通異常です。

と学会によっても定義が分かれています。

便秘には個人差があり、

・便か硬くて排便が苦痛

・残便感があってスッキリしない

・薬を飲まないと便が出ない

など本人が排便に不快や苦痛を

感じれば便秘と言います。

便秘になりやすいのは

便秘は若い人より高齢者に良く見られます。

そして男性より女性に多く便秘が見られます。

その理由として

・女性は男性に比べ排便時に必要な、

括約筋や腹筋の力が弱い。

・男性に比べ外出時や人前では便意があっても、

気恥ずかしさから我慢する傾向が強く、

それにより排便のリズムが狂い、

排便反射が鈍くなる。

・女性は妊娠のため骨盤が広くなっており、

そこに腸が下垂しやすくなり不安定になる。

などが考えられます。

・食物繊維が不足している

・水分が不足している

・精神的ストレスを抱えやすい

・運動不足

・妊娠中

などの人も便秘になりやすい傾向があります。

便秘の種類とは

便秘には「器質性便秘」「機能性便秘」

に大きく分けられます。

『器質性便秘』

大腸にポリープなどの原因がある便秘です。

・最近急に便秘になってきた

・変形した便が出るようになった

・便に血が混じるようになった

などの症状が現れた場合には器質性便秘で、

大腸がんの可能性もあるので、

早めの受診をしてください。

『機能性便秘』

大腸の運動が充分でなかったり、

大腸の働きが弱いなど、

機能に原因があって起こる便秘をいいます。

「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」「直腸性便秘」

の3つに大きく分けられます。

便秘と腰痛

便秘と腰痛は一見関係なさそうに見えますが、

便秘が続くと腰痛になる人もいます。

便秘が続くと腸内でガスが発生します。

元々腰の筋肉の緊張が高かったり、

神経が過敏になっている状態で、

便秘になってしまうと溜まったガスに

それらが圧迫を受けて腰痛が悪化します。

腸内で発生したガスは、腸の壁を通り

血液へと入り込むことがあります。

血液の中に入ったガスは身体にとって有毒なので、

血流を悪化させます。

そうなると腰痛はもちろんのこと、

低体温、疲労感、少しのことで痛みを感じるなど、

全身症状を起こしていきます。

便秘の改善

食事を取りすぎない

1日3食をかならず食べるようにと

書いてある物あります。

しかしそれでは食べ過ぎになり、

胃や腸が休まる暇がありません。

胃や腸に物を流し込まない時間を作ることにより、

消化、排泄がスムーズに行われるようになります。

1日2食にすると良いでしょう。

水を飲む

水分不足が便秘の原因になっています。

水分が少なくなると腸の中で便が固くなり、

排泄がスムーズに出来なくなります。

水を2リットルほど飲むのが良いですが、

1日かけて飲むようにします。

一気にコップ一杯を飲むのではなく、

一口ずつ時間をかけて飲んでください。

猫背など姿勢に気をつける

猫背などの姿勢になると内臓が圧迫され、

上手に動かなくなります。

当然、腸の働きも悪くなるので、

便秘になりやすくなります。

猫背は見栄えも良くないですし、

意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

運動不足の解消

運動不足になれば血流も悪くなります。

胃や腸は、消化には大量の血液が必要になります、

その血液の流れが悪くなれば、

働きが弱くなり便秘につながっていきます。

軽いストレッチ、腕立て伏せなどの軽い筋トレ。

自転車を使っていたところに歩いていく。

なるべく階段を使うなど、

簡単で、手軽にできることから始めましょう。

まとめ

便秘と言えども、とても悩んでいる人が多いですね。

食物繊維を取っただけでは治らない人も多いですね。

腰痛が治らないのは便秘が原因のこともあります。

生活スタイルから見直して、

健康な身体を手に入れていきましょう。

名古屋接骨院-坐骨神経痛名古屋接骨院-椎間板ヘルニア名古屋市‐腰痛名古屋接骨院-脊柱管狭窄症

池田接骨院のご案内

院名 池田接骨院
院長 小川敦史
診療項目 腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など
所在地 愛知県名古屋市西区則武新町1-1-10
電話番号 052-562-5268
最寄り駅 名古屋駅
連絡方法 お問い合わせフォーム
駐車場 2台完備
営業時間 AM9:00~PM8:00 ※完全予約制なので昼休みは設けていません
休診日 日曜日、土曜日午後 ※祝日は終日診療
URL http://池田接骨院.xyz

名古屋駅からのアクセス

※名古屋駅からでしたら、車で5分ほどです。歩いて15分ほどになります。

1.ルーセントタワーに向かう

名古屋駅から大名古屋ビルジングを右手にみて、ルーセントタワーに向かって進みます。

名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ

2.牛島町の交差点を右折

次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

名古屋接骨院-おすすめ 次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

3.輪ノ内町の交差点を直進

一つ目の信号(輪ノ内町)を越えると、左手に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ

4.ノリタケの森を越える

そのまま直進してください 左側に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ 

次の信号(西藪下)も直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

右手に公園(桜木公園)があります。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

5.左側に当院が見えてきます

右手にサークルKが見えます。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

そのまま100mほど、まっすぐ進むと左手に当院があります。

名古屋接骨院-おすすめ

Googleマップ

名古屋市‐接骨院

名古屋接骨院

※ご予約多数のため1日2名様限定の紹介割引です。もし、今すぐ症状を改善できる施術をご希望でしたらお早めにお問い合わせください。優先的にご予約をお取りできるように調整いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA