座椅子と腰痛の関係【名古屋-接骨院-腰痛】

名古屋-接骨院-腰痛-座椅子

こんにちは。池田接骨院院長の小川です。

今日は座椅子が及ぼす

腰痛について

お話をしていきます。

日本の生活スタイル

今では皆さん、当たり前に椅子や

ソファーやベッドを使っていますね。

でも、もともと日本の生活習慣は、

椅子やベッドを使うものでは

ありませんでした。

ザブトンを敷いて床に座ったり、

布団を敷いて寝ていました。

お手洗いはほとんど和式を

見かけなくなりました。

やはり腰やひざに負担が

かかるのが分かって

きたからでしょうね。

でも現在でも、居間にはテーブルを

置かず、床に座って家族だんらん

という家庭も少なくないでしょう。

寒い時期になってくると、

こたつを出してくつろぐことも

あると思います。

そんな時に重宝するのが、

座椅子ですね。

そんな座椅子が腰痛に

関係しているとしたら…

なぜ座椅子は腰に負担をかけるのか?

座椅子に座ってテレビを見ていると、

一日の疲れも癒されるのんびりした

時間になりますね。

でも、座椅子にもたれかかっている

姿勢は腰に負担をかけているのです。

以前から背骨にはS字カーブがある

と書いてきましたが、

座椅子にもたれた座り方

をしていると、

S字カーブが崩れて

Cの形になってしまいます。

名古屋-接骨院-腰痛-座椅子

本来あるべき形で無いものは、

時間の経過とともに負担が

大きくなっていきます。

座っているからと言って、

完全に脱力しているわけでは無く、

腰回りの筋肉は緊張しています。

正しい座椅子での過ごしかた

基本的には座椅子は

好ましくありませんが、

多忙な生活の中で、

くつろげる時間であるのも、

分かります。

ですので、座椅子に座る時は、

腰の辺りにクッションを

入れると良いでしょう。

先ほど書いたように、

S字カーブが崩れることにより、

負担が大きくなります。

少しでもS字カーブを維持

出来るようなクッションを

当ててください。

それと同時になるべく

深く腰掛け、背もたれと、

密着できると良いでしょう。

まとめ

緊張の連続である、

現代社会では、いかにそのストレスを

抜くのかが大事になります。

ただ、家でくつろいでいる時に、

気持ちはリフレッシュできても、

身体に負担がかかっていては

元も子もありません。

座椅子の時間もほどほどに

身体を動かしてのリフレッシュも

取り入れていきましょう。

名古屋接骨院-坐骨神経痛名古屋接骨院-椎間板ヘルニア名古屋市‐腰痛名古屋接骨院-脊柱管狭窄症

池田接骨院のご案内

院名 池田接骨院
院長 小川敦史
診療項目 腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症など
所在地 愛知県名古屋市西区則武新町1-1-10
電話番号 052-562-5268
最寄り駅 名古屋駅
連絡方法 お問い合わせフォーム
駐車場 2台完備
営業時間 AM9:00~PM8:00 ※完全予約制なので昼休みは設けていません
休診日 日曜日、土曜日午後 ※祝日は終日診療
URL http://池田接骨院.xyz

名古屋駅からのアクセス

※名古屋駅からでしたら、車で5分ほどです。歩いて15分ほどになります。

1.ルーセントタワーに向かう

名古屋駅から大名古屋ビルジングを右手にみて、ルーセントタワーに向かって進みます。

名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ 名古屋接骨院-おすすめ

2.牛島町の交差点を右折

次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

名古屋接骨院-おすすめ 次の信号(牛島町・右手にミニストップがあります)を右に曲がります。 

3.輪ノ内町の交差点を直進

一つ目の信号(輪ノ内町)を越えると、左手に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ

4.ノリタケの森を越える

そのまま直進してください 左側に「ノリタケの森」があります。

名古屋接骨院-おすすめ 

次の信号(西藪下)も直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

右手に公園(桜木公園)があります。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

5.左側に当院が見えてきます

右手にサークルKが見えます。そのまま直進です。

名古屋接骨院-おすすめ

そのまま100mほど、まっすぐ進むと左手に当院があります。

名古屋接骨院-おすすめ

Googleマップ

名古屋市‐接骨院

名古屋接骨院

※ご予約多数のため1日2名様限定の紹介割引です。もし、今すぐ症状を改善できる施術をご希望でしたらお早めにお問い合わせください。優先的にご予約をお取りできるように調整いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA